NEWS

YouTubeで最も再生されたヒップホップのMV10曲

 

 

先日、2020 MTV Video Music Awardsの授賞式が行われ、今年最も話題になったミュージックビデオなどが多数取り上げられた。現代では、MVがきっかけで楽曲が話題になるアーティストも多く、いかに映像のクオリティを追求するかもプロモーションとして欠かせない要素となっている。Cardi BとMegan Thee Stallionがリリースしたばかりのコラボ曲「WAP」もその派手な映像や豪華な共演者たちがきっかけとなり、YouTubeでは1週間で1億回再生を超えている。そんな利用者数が多いウェブサイトのYouTubeであるが、今回は、YouTubeにて最も再生されたヒップホップのMVをXXLがまとめているため、そちらを紹介したい。

 

関連記事: Spotifyが今年最もストリーミングされたR&Bアーティストと楽曲を公開。4位Summer Walker、3位H.E.R.

 

Wiz Khalifa Featuring Charlie Puth – See You Again

4,703,480,023回再生

 

 

 

 

Eminem Featuring Rihanna – Love the Way You Lie

2,050,549,710回再生

 

 

 

 

Silentó – Watch Me (Whip/Nae Nae)

1,759,294,701回再生

 

 

 

 

The Weeknd Featuring Daft Punk – Starboy

1,737,787,380回再生

 

 

 

 

Drake – Hotline Bling

1,653,153,673回再生

 

 

 

 

Nicki Minaj, Jessie J and Ariana Grande – Bang Bang

1,543,211,295回再生

 

 

 

 

Macklemore & Ryan Lewis – Thrift Shop

1,469,357,818回再生

 

 

 

 

DJ Khaled Featuring Chance The Rapper, Quavo, Lil Wayne and Justin Bieber – I’m the One

1,439,328,015回再生

 

 

 

 

Eminem – Not Afraid

1,427,227,869回再生

 

 

 

 

Post Malone Featuring Quavo – Congratulations

1,242,191,542回再生

 

このようにYouTubeでMVがヒットに繋がった楽曲を紹介したが、YouTubeのミュージック・トレンドマネージャーを務めるKevin Meenanは、FutureとDrakeのコラボ曲「Life Is Good」を例に挙げ、ミュージックビデオがヒットする理由を以下のように説明している。

 

楽曲自体はBillboardチャートで1位を獲得しなかったけど、我々にとってはヒットだったという曲がある。アメリカでは、「Life is Good」のMVが最も再生されたものであった。ユーモアがあって楽しいし、2020年で想像できる限りの最もビッグなコラボだ。ビデオが楽曲そのものに命を吹き込んだというのが興味深い。

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE