NEWS

スクールボーイ・QがDJ Quikからのアドバイスについて語る。ギャングであることとクリエイティビティ

 

 

今からちょうど8年前に、2ndアルバム「Habits & Contradictions」をリリースしたScHoolboy Q(スクールボーイ・Q)。そんな彼がThe FADERのインタビューにてDJ Quikからもらったアドバイスについて語っている。

 

関連記事: ScHoolboy Q(スクールボーイ・Q)がラッパー友達を5人リストアップする。「TDEのメンバーは全員嫌いだ」

 

「ある日、目が覚めたら、音楽に対する今までない情熱があった。不思議で、説明出来ない。」と語るところからインタビューは始まる。

 

「ギャングスタ・ラップをやっているとクリエイティブにならなくてもいいと思いがちであるが、ギャングであってもクリエイティビティを大切にしないといけないとDJ Quikが教えてくれたんだ。彼はギャングについての話だけじゃなくて、クリエイティブで、人生についてとか、一文無しから成功してキャデラックを買ったとかそういった話をしてくれる。彼は”生”の音楽のサウンドを与えてくれる。」

 

DJ Quikからのアドバイスについて語ったScHoolboy Q。ジャンルのイメージに囚われて、「こういうジャンルだから〇〇じゃないといけない」と、自分にしかできないことを見失ってしまうアーティストも多いなか、どんな人間もクリエイティビティを発揮することが出来るということがわかるインタビューであった。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST