NEWS

【西海岸ヒップホップ】編集部が選ぶ「夏に聞きたいG-Funk曲」20選。DJ Quik、Warren G、Roscoe、Dr. Dreなど

 

 

Selected by Kaz Skellington

 

1992年にDr. Dreが「The Chronic」という名作をリリースしたことにより、西海岸の定番サウンドとなったG-Funkというジャンル。南カリフォルニアLAにて生まれた音楽は従来の東海岸のヒップホップに比べて夏に聞きたい曲も多く、今の時期の様々なシチュエーションにピッタリな楽曲に溢れている。Dr. Dreがジョージ・クリントン率いるP-Funkのサンプルを多用したことから始まったジャンルのなかから、入門として夏にピッタリなG-Funkを紹介したい。

 

関連記事: 【元ネタ紹介①】有名ヒップホップ曲とサンプリング元ネタを5つ紹介。N.W.A.、ケンドリック・ラマー、Jay-Z、スヌープ・ドッグなど

 

・Celly Cel – It’s Goin’ Down

 

・Roscoe – I Love Cali (in the Summertime)

 

・Bad Azz – How We Get Down

 

・DJ Quik – So Many Wayz

 

・Shade Sheist – Where I Wanna Be

 

・Tha Dogg Pound – Let’s Play House

 

・Adina Howard – Freak Like Me

 

・Luniz – I Got Five On It

 

・2nd II None – Up “N” Club

 

・Daz Dillinger – In California

 

・Mad CJ Mac – Come and Take A Ride

 

・Warren G – This DJ

 

・Ice Cube – It Was a Good Day

 

・Dogg Master & XL Middleton – Pop Lock Funk

 

・Dr. Dre – Nuthin’ But a “G” Thang

 

・C-Funk – O.G. Schwang

 

・Da YoungFellaz – Do The Damn Thang (feat. Snoop Dogg, George Clinton, Nipsey Hussle)

 

・DJ AK – California Dreamin’ (feat. Spice 1)

 

・2Pac – To Live and Die In LA

 

・E-40 – Nah, Nah… (feat. Nate Dogg)

今回挙げられた20曲以外にも熱い夏の日差しにピッタリなG-Funkの楽曲は多いため、他にも楽曲を集めて自分だけのプレイリストを作ってみるのもいいかもしれない。

 

またG-Funkが生まれたきっかけの一つでもあるP-Funkのゴッドファーザー、George Clinton(ジョージ・クリントン)の楽曲をサンプリングしたヒップホップソングなどを紹介した記事も要チェックである。

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE