NEWS

Dr. Dreがプロデュースしたコービー・ブライアントのトリビュート映像が公開される

 

 

1月26日にヘリコプターの墜落事故で亡くなった元NBAスター選手、Kobe Bryant(コービー・ブライアント)。同じくLAの大スターであるDr. Dreが、NBAと共に彼の追悼ビデオを制作した。

 

関連記事: Kobe Bryant(コービー・ブライアント)がバスケットボールへの愛を語ったオスカー受賞短編アニメ「Dear Basketball」が無料で公開される。自身がナレーターとプロデューサーを務めた作品

 

コービーのキャリアのハイライト映像を多くしようしたこの作品は、Dr. Dre(ドクター・ドレー)以外にもGibson HazardやJack Bannonなどが制作に携わっており、映像にはDr. Dre本人も登場している。

 

またビデオの終盤には、LAのテーマ・ソングとも言える2PacとDr. Dreの「California Love」の元ネタ、Joe Cockerの「Woman to Woman」が一部使用されている。

 

他にもコービーが所属していたロサンゼルス・レイカーズの本拠地Staples Centerの名前がKobe Centerに変わるシーンなどもあり、素晴らしいトリビュート映像となっている。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING