NEWS

ドレイクはドクター・ドレーの幻のアルバム「Detox」でゴーストライターをしていた。デモ音源がリークし話題に

 

 

ドレイクがドクター・ドレーの為に書いた参考音源がリークしたと報道された。

 

 

あらゆる感情を音楽で表現できるミュージシャン、ドレイク。彼自身もQuentin Millerをゴーストライターとして雇った過去が度々批判されるが、彼の作詞能力は昔の作品を聞いていれば一目瞭然であろう。そんな彼はDr. Dreにも昔から頼りにされていたようだ。ドレーは幻のアルバムである「Detox」を制作していた頃、どうやら当時19歳のドレイクに数曲リリックを書かせていたようだ。その際に作られた参考音源が先週末にリークしたと話題になっていた。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Poster Childs

champagnepapi(@champagnepapi)がシェアした投稿 –

 

 

ドレイクは以前、Detoxに取り組んでいた当時のことをインタビューで語っている。しばらくして彼は解雇されたようだ。その時について彼は以下のように振り返っている。

 

 

「全てはドレーが俺のことをオフィスに呼んでくれた時に始まったんだ。彼は俺のことを褒めてくれて、1万ドルの小切手をくれた。俺が今まで受け取ったお金の中で最も高い金額だった…俺はその金で彼女をLAに呼んだ。最高だったよ。でも、俺は集中がきれてその後仕事から頭が遠ざかった。スタジオセッションに行かなかったのか、何か変なことをしてしまったことが理由で、家に帰されたんだ。人生において最も大切で学びが大きい経験の一つだったと思う。」

 

 

関連記事:Dr. Dreの一度はお蔵入りになったアルバム「Detox」がリリースされるとScott Storchが語る

 

 

ドレーの下で働いていた当時、工場のように曲を作り続けていたとも語っていたドレイク。「今までやった仕事の中で最もハードで、まるで軍隊みたいだった」とも語っていたが、今回リークしたのはその際に作られた曲である可能性が高い。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

HAPPY C-DAY @snoopdogg

Dr. Dre(@drdre)がシェアした投稿 –

 

 

どうやらリークした音源は幾つかあったようで、中にはPARTYNEXTDOORのトラック「Don’t Run」の参考音源もその一つだったようだ。流出したトラックの中には、当時ドレイクとのビーフがあったThe Weekndに対するディスも含まれていたが、正式にリリースされた音源にはそのような歌詞は含まれていなかった。

 

 

Detoxが制作された時期を考えると、問題の音源は2000年代に作られたと思われる。ドレイクの未発表音源がリークされたのは今回が初めてではなく、レーベルにて無限の予算を得ていながらも、こういった問題が起こりがちなアーティストである。

 

 

関連記事:

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST