NEWS

故Juice WRLDとテカシ・シックスナインのビーフ。Juice WRLDがディスられた時の反応とは?

 

 

昨年末に、惜しくも亡くなったJuice WRLD(ジュース・ワールド)。彼が生前、他のラッパーとビーフをしていたという話はあまり耳にしなかったが、一度だけTekashi 6ix9ine(テカシ・シックスナイン)が彼をネタにした動画を公開したことがあった。そんな出来事について、「No Jumper」などの番組で知られるポッドキャスターのAdam22が語った内容を紹介したい。

 

関連記事: エミネムがJuice WRLDとのコラボ「Godzilla」のMVを公開。Juice WRLDのメッセージもフィーチャー

 

VladTVに出演したAdam22は、「Juice WRLDは世界一優しい少年という感じだったから、彼と争おうとするようなやつはいなかった。」とした上で、例外としてテカシのエピソードを語っている。

 

「強いて言うならシックスナインが彼とビーフをしようとしてたのを覚えているけど、Juice WRLDはテカシのネタ動画を面白いと思っていた。テカシが部屋の隅でJuice WRLDの楽曲を聴いて、嘘泣きをしている動画だ。シックスナインのあの映像は、インスタグラム中のディス動画で一番面白いよ」

 

また過去にJuice WRLDをディスしたアンダーグラウンドのラッパーなどは何人かいたようで、Adam22はそれについても話している。

 

Juice WRLDから電話がかかってきて「ディスられてるんだけど、どうしたらいいかな?」って聞かれたから、返事をするなと俺は答えた。返事をしたところで相手に注目が集まるだけだし、向こうもそれを求めてるからだ。彼は結局返事をしたんだけど、「俺はお前の曲も、お前のことも好きだけどな。お前が俺のことをそうやって思ってるのは残念だ。」って感じだったから、相手も「Juice WRLDは良いやつだし何も問題はない」と心を改めた。Juice WRLDが良いやつすぎて、誰も彼とビーフ出来なかったんだ。

 

以前ライブ中に「F*ck 6ix9ine」と観客と叫んだこともあったJuice WRLDであるが、Adam22によるとテカシは例外であったようだ。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE