NEWS

Nipsey Hussle(ニプシー・ハッスル)が亡くなってから1年が経つ。ビジネスから教育まで、彼の様々な活動を紹介。

 

 

1年前の2019年3月31日に、自身が経営するアパレル店の前で銃撃され、命を落としたラッパー、Nipsey Hussle(ニプシー・ハッスル)。彼はラッパーとしてだけではなく、事業家、活動家、そして地域のリーダーとして、積極的に活動していた存在であった。彼の事業家としての存在感はJay-Zを彷彿とさせ、彼が実現させた数々のプロジェクトは、地元に還元するものが多かった。今回は、彼の功績を讃えるため、HIPHOPDXがまとめたニプシー・ハッスルの活動について紹介したい。

 

 

事業への投資

彼は自身のアパレルショップ「Marathon Clothing」への投資に加え、デジタルマーケティングを行う「Marathon Agency」や、仮装通貨にも投資を行っていた。「Marathon Agency」に関しては、ニプシーは数千万円の投資をしていたとされている。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Today 12pm @ The Marathon Store 3420 w Slauson Ave 🏁

Nipsey Hussle(@nipseyhussle)がシェアした投稿 –

 

 

俳優業

オハイオ州クリーブランドを代表する伝説的ラップグループBone Thugs-N-Harmonyについての映画「I Tried」や、「Caged Animal」など、映画にも出演していたニプシー。映画「Straight Outta Compton」では、スヌープ・ドッグ本人から「スヌープ役を演じてほしい」とオファーがあったものの、これを断っている。

 

 

 

ブランド・アンバサダ

2018年5月に、PUMAのブランド・アンバサダーに就任したニプシー。彼のアパレルブランドMarathon ClothingとPUMAのコラボ商品は、PUMAとMarathon Clothingの店舗で販売されていた。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@puma Now Available At @themarathonstore 🏁

Nipsey Hussle(@nipseyhussle)がシェアした投稿 –

 

 

革新的な音楽の販売方法

彼は2013年に自身のミックステープ「Crenshaw」をリリースした際、初回限定盤1000枚を1枚$100で販売したのだ。彼はこれを通して一晩で10万ドルほどの収入を得て、 Marathon Clothingなど他の事業に投資した。ちなみにJay-Zはこちらを100枚購入している。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Planes ✈️ X Marathon 🏁

Nipsey Hussle(@nipseyhussle)がシェアした投稿 –

 

 

コワーキングスペースの企画

2018年には、アメリカだけで170万人が利用したとも言われているコワーキングスペース。ニプシーは一部の発展した都市以外にもこのようなコワーキングスペースが必要だと感じ、自らの故郷クレンショーに「短期間のみの契約、1日だけの利用、月単位の契約、プライベートオフィスの利用」などができるコワーキングスペースをオープンした。こちらは今でも多くの人が利用している。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nipsey Hussle(@nipseyhussle)がシェアした投稿

 

 

STEMの提供

彼はコワーキングスペースを提供するVector 90を支援していたが、Vector 90ではコワーキングスペースの企画以外にも、地域の子供たちにSTEM(Science 科学、Technology テクノロジー、Engineering エンジニアリング、Mathematics 数学)教育を与える機会と、「Seeding」(「種をまく」の意。市内の子供たちが投資家に自分のアイディアを提案すること)の機会を提供している。彼がSTEM教育を地元の子供たちに与える記事についてはここで読むことができる。

 

 

 

不動産

彼はVector 90の支援とは全く異なったタイプの投資もしていたようだ。ビルボードによると、ニプシーはDJ Khaledなどと共にカリフォルニア州にあるビーチホテル「Viceroy Santa Monica」にも投資していたようだ。

 

 

 

彼は他にも多くのビジネスに投資するつもりだったようで、世界を大きく変える存在になっていたであろう。「The Marathon Continues」と言うように、彼が今まで独自のビジョンの元、莫大な時間と資金をかけて行ってきた種々の活動は、彼のレガシーとして今後とも様々な形で残っていく。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING