NEWS

ドレイクが話題の豪邸を案内する。新曲「Toosie Slide」のMVに出てくる驚くべき建造物とは?

 

 

最近、新曲「Toosie Slide」とそのミュージック・ビデオを公開したDrake(ドレイク)。MVの映像に出てくる50,000平方フィートの豪邸について、彼がArchitectural Digestのカバーストーリーにて語った内容を紹介したい。

 

関連記事: Drake(ドレイク)がインスタライブでPlayboi Cartiなどとのコラボ曲を披露。こちらからチェック

 

ドレイクはNBA規定サイズのバスケットボール・コートなど、さまざまな機能がついている自分の家を「The Embassy(大使館)」と名付けており、この豪邸について以下のように語っている。

 

「地元に家を建てるということで、100年以上残る建造物にしたかった。俺が遺すものの一つになるし、恒久的で強いものである必要があったんだ。」

 

また彼の豪邸を担当したカナダの建築デザイナーFerris Rafauliは、The Embassyについて

 

「19世紀の、石灰岩の豪邸を本来の形で再現したものになっている」と説明している。漆喰やペイントではなく、フェイクゴールドも使用していないようだ。

 

ドレイクは、この家に強い拘りを持っている理由についても話している。

 

「この家は俺が27歳のときに信念を持ち、このタスクをやり遂げると決めた成果物なんだ。この家は、俺が生まれたこの地で確実に、永遠に残り続ける。」

 

 

View this post on Instagram

@archdigest @ferrisrafauli

A post shared by champagnepapi (@champagnepapi) on

Photos from Instagram

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING