NEWS

カニエ・ウェストがiPhoneのマイクでレコーディングしていることや選挙について語る。「自分の意見を発信できないなら、有名人である意味なんてない」

 

 

昨年、「Jesus Is King」、「Jesus Is Born」と、2作連続でゴスペル・アルバムをリリースしたKanye West(カニエ・ウェスト)。今年の活動も注目されているそんな彼が、GQのインタビューに答えた。その内容の一部を紹介したい。

 

関連記事: Big Seanとカニエ・ウェストがコラボ曲を制作か?スタジオでの様子をチェック

 

カニエ・ウェストは、これから制作する音楽について以下のように語っている。

 

ラップは二度としないと考えていた。なぜなら俺はずっと悪魔のためにラップをしていて、神のためにラップをする方法すら知らなかったんだ。でも牧師たちに、「私の息子は、カニエ・ウェストが神についてラップしているアルバムを聴きたいと言っているよ」と言われた。「カニエ・ウェスト、あなたはこうするべきだ」とか、「こうしないといけない」と言われた訳ではない。子供が言ったことを教えてくれたんだ。それは大きな違いだと思ってる。

 

以前も彼はラップをやめようと思っていたと語っており、また彼は、楽曲制作にiPhoneのマイクを使用しているとも話した。

 

俺はiPhoneに向かってラップするんだ。iPhoneのマイクはこの星で最も優れたマイクだよ。「The College Dropout」の30~40%はRolandのVS-1680で録音したし、「Jesus Is King」の20%はiPhoneで録音した。録音にiPhoneを使うようになったのはYeezusからだ。「Closed on Sunday」の「you’re my Chick-fil-A」とラップしている部分はiPhoneで録音したものだよ。

 

身近にある機材でも良い作品が作れるという旨を語ったカニエ。The InternetのSteve LacyなどもiPhoneで楽曲を制作していることで知られている。他にもカニエは、以前から支持しているドナルド・トランプに投票する意志についても話している。「今回投票するつもりはあるのか?」ということについて、彼は以下のように答えている。

 

もちろん投票するよ。誰に投票するのかは、みんなもわかっているだろう。周りに何かを言われてその通りにするつもりはないし、彼を支持することによってキャリアを失ってしまうと考えている者もいるが、そんなことない。考えてみてくれよ、俺はまだここにいるんだし!「Jesus Is King」はナンバーワンだった。(ヒップホップファン層の期待に沿わないと)キャリアを失うことになると言われたが、そんな選挙ってそもそもどうなんだ?もしオバマのキャンペーンが「私は黒人と共にいる」みたいな感じだったらどう思う?自分の意見を発信できないなら、有名人である意味なんてないだろ?誰もが自分の意見を持つんだ。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING