NEWS

ケンドリック・ラマーの「Michael Jordan」など、バスケ選手の名前が用いられたヒップホップの名曲たち10選

 

 

スポーツとの繋がりが深いジャンルであるヒップホップ。特にバスケットボールについてのレファレンスは多くの名曲に登場しており、今回はそんな楽曲たちを紹介していきたい。

 

関連記事: 【グレイテスト・オブ・オールタイム】ヒップホップで用いられる「G.O.A.T.」という言葉の歴史。伝説のバスケプレイヤーやモハメド・アリとの関係も

 

Kendrick Lamar f. ScHoolboy Q – “Michael Jordan”

 

2010年のミックステープ「Overly Dedicated」に収録されている楽曲。プロデューサーはSounwaveが務めており、まだ若いケンドリック・ラマーとScHoolboy Qのヴァースが印象的である。

 

 

 

Chief Keef — “Kobe”

 

こちらの楽曲はYoung Chopがプロデューサーを務めており、Chief Keefは「俺はコービーのように金を降らし、ラップゲームをプレイする」とラップしている。

 

 

 

Gunna & Lil Baby – “Derek Fisher”

 

Gunnaはこちらの楽曲で「デレク・フィッシャーのようにシュートする」とラップしている。プロデューサーはTurboが務めている。

 

 

 

G Herbo – “Wilt Chamberlain”

 

1試合で100得点という伝説的な記録を残したウィルト・チェンバレンか名付けられた楽曲。G Herboはウィルト・チェンバレンの得点にちなんで、札束を稼いだことについてラップしている。

 

 

 

Gucci Mane – “Wilt Chamberlain Part 1”

 

G Herboの「Wilt Chamberlain」と同じくウィルト・チェンバレンから取って名付けられた楽曲。Gucci Maneは弾薬などの意味でシュートすることについてラップしている。

 

 

 

Sheck Wes – “Kyrie”

 

こちらの楽曲でSheck Wesはカイリー・アービングについてラップしている。Sheck Wesがヒットするきっかけとなった楽曲「Mo Bamba」と同じアルバム「MUDBOY」に収録されている。

 

 

 

Money Man f. Lil Baby — “24”

 

Money ManとLil Babyが故コービー・ブライアントにトリビュートを捧げた楽曲。RIAAによってプラチナ認定されており、Nflatedがプロデューサーを務めている。

 

 

 

Soulja Boy – “Stephen Curry”

 

こちらの楽曲でSoulja Boyは「俺はステファン・カリーみたいだ」と繰り返している。プロデューサーはMPC Cartelが務めている。

 

 

 

Juicy J – “Lou Will”

 

TM88がプロデューサーを務めた2016年の楽曲。Juicy Jはルー・ウィリアムズと自分のキャリアを比較している。

 

 

 

Post Malone — “White Iverson”

 

他に紹介してきた楽曲たちと同じく、自身とバスケ選手を比較した楽曲。アレン・アイバーソンから名付けており、彼のデビューシングルとなっている。

 

参考:HipHopDX

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE