NEWS

ニッキー・ミナージュが勇敢なマネージャーの重要性について語る。「アーティストを恐れては駄目」

 

 

Nicki Minaj(ニッキー・ミナージュ)がYoung Moneyと契約するまで、彼女のマネージャーを務めていたBig Fendi。二人は長年不仲であったが、この度彼女がBig Fendiのポッドキャストに出演し、過去の確執や和解に至るまでなどを語った。

 

関連記事: Nicki Minaj(ニッキー・ミナージュ)が女性へ向けたアドバイスを送る。「自分に集中できる時間を作るのが一番いい」

 

Nicki MinajはBig Fendiのマネージャーとしての姿を振り返り、理想のマネージャー像について語っている。

 

あなたと全く同じような人を探してたわけではないけど、あなたのようなマネージャーがいたらいいのにと、10年間思っていた。あなたのようなエネルギーのある人ね。アーティストのマネージャーをやるなら、その人を恐れるようではいけない。アーティストの扉を蹴って、「おい起きろ!」って言えるくらいじゃないと。Dame Dashみたいな感じ。アーティストがどんな大御所だったとしても、その前から知ってる訳だし。どんなに有名だったとしても、アーティストに対してなんでも言える状態であるべき。問題を避けるように注意をするのではく、面と向かって直接話せるような感じの人を求めていた。

 

マネージャーは、マネージメントをしているアーティストを恐れることなく、対等に話し合うべきであると説明したNicki Minaj。こちらのポッドキャストで話し合う彼女とBig Fendiを見ると、当時から彼らがこのように全力でぶつかり合っていたことが想像できる。フル動画は以下のリンクからチェック。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE