NEWS

ノトーリアス・B.I.G.は「Jay-Zは俺より上手い」と評価していた?ビギーの人格が見えてくるエピソードを紹介

 

 

現在、多くのアーティストがインスタグラムのライブ配信機能を利用してファンと交流しているが、ヒップホップ界のOGたちもその例外ではない。先日、OGラッパーであるLil CeaseがSmoke DZAのインスタライブに出演した。Lil CeaseはNotorious B.I.G.(ノトーリアス・B.I.G.)の従兄弟であり、ビギーが結成したヒップホップグループJunior M.A.F.I.A.に所属していた。彼らは「Player’s Anthem」や「Get Money」などといったヒットソングを世に出している。

 

 

 

 

ビギーと親交が深かったLil Ceaseは、先日のインスタライブで、ビギーがJay-Zのことを「俺より上手い」と度々語っていたと明かした。

 

 

「ビギーはJayに会って、お互いのことを男として、そしてアーティストとしてリスペクトしていたから、親しくなった。ビギーは、彼よりJayの方がドープだと伝えることに抵抗がなかった…『おい、あいつ俺よりイカしてるな』って彼はよく言っていたよ。」

 

 

Lil Ceaseはこれは真実だと重ねて強調した上で、Jay-Zの楽曲「Dead President」の歌詞を聞いて、Biggieが負けを認めたエピソードも加えて語った。

 

 

 

 

「Jay-ZがDead Presidentsで『Catch a freeze off my kneecap/Can Y’all believe that』って言ったときなんかは、Bigは『おい、やられたよ』なんて言っていたね」

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE