NEWS

話題のマイケル・ジョーダンのドキュメンタリー「The Last Dance」のサウンドトラックを紹介。Eric B. & Rakim、LL Cool J、Wu-Tang Clanなど90sヒップホップをフィーチャー。

 

 

Netflixにて配信されているマイケル・ジョーダンのドキュメンタリー・シリーズ「The Last Dance」が現在話題になっている。サウンドトラックも時代を上手くキャプチャーしていると言われており、こちらの作品はヒップホップファンからも注目されている。ドキュメンタリーは80年代から90年代のヒップホップ・クラシックを多くフィーチャーしているため、それらの楽曲を紹介したい。

 

関連記事: エミネムが自粛期間中の過ごし方について語る。

 

「The Last Dance」のサウンドトラックにはWu-Tang Clan、The Notorious B.I.G.、Busta Rhymes、DMX、Big Pun、Mobb Deep、Pusha T、Eric B. & Rakim、Big Daddy Kane、LL Cool Jなどのアーティストの楽曲がフィーチャーされており、これらの楽曲をSpotifyがプレイリストにまとめているため、要チェックである。

 

また「The Last Dance」ではヒップホップ以外にも、マイケル・ジョーダンが所属していたチームであるシカゴ・ブルズの入場曲としても知られているThe Alan Parsons Projectの楽曲「Sirius」や、Queenの「We Are The Champions」などロック・ソングも使用されており、バスケットボールゲームの臨場感を感じることができる内容となっている。

 

既に4話まで公開されているドキュメンタリーであるが、残りの6話からも目が離せない。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING