NEWS

Meek Mill(ミーク・ミル)が新曲「Other Side Of America」をリリース。トランプ米大統領のスピーチから始まる楽曲。

 

 

Meek Mill(ミーク・ミル)が、警察による不当な暴力についてラップした新曲「Other Side Of America」をリリースした。

 

関連記事: 警察に不当に殺害された被害者をアルファベット順にトリビュートした曲をPapooseが公開。映像も必見。

 

「Other Side Of America」はイントロにてドナルド・トランプ米大統領の「この国のすべてのアフリカ系アメリカ人に問おう。これ以上失うものはないだろ?新しいことに挑戦してみよう。たとえば、トランプはどうだ?あなたは貧困の中にいて、学校もダメで、仕事もなくて、58%の若者は無職だ。これ以上何を失うって言うんだ、ええ?」というスピーチの一部をサンプリングしており、Butter BeatsとShroomが楽曲をプロデュースしている。

 

 

さらにミーク・ミルがCNNに出演した際のインタビューも含まれており、彼がインタビュワーに「私たちはとても残酷で容赦のない場所で育った。警察も私たちを守ってくれない。そんな中で、毎週7人も殺害されるのを見る。もしあなたがそのような状況にいたら、銃を持つでしょ?」と聞き、CNNの番組ホストが「そうですね。恐らく持つと思います」と答える会話で曲が終わる。

 

寄付/署名などの方法やリンクがまとめられたウェブサイトはこちら

 

 


Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST