NEWS

Ja Ruleが制作した老舗レストランの低予算CMがヴァイラル・ヒットとなる。CM出演の背景とは?

 

 

一時はトップアーティストとしてヒットを飛ばしていたが、50 Centとの長年のビーフやFyre Festivalがメインの話題となってしまったJa Rule(ジャ・ルール)。しかし、そんな彼が出演したギリシャ料理屋のCMが、ヴァイラルヒットとなり、現在米ツイッターユーザーの間でJa Ruleの評価がうなぎのぼりとなっているようだ。

 

関連記事: Ja Rule、50セントの「いいところ3つ」を挙げられずに逆に3つの悪口を言う。「俺らは永遠の敵だ!」

 

Ja Ruleが出演したのは、LA定番のギリシャ料理レストランである「Papa Cristo’s Greek Grill」のCM。Ja Ruleはこちらの非常に低予算のCMにて、「この店のギロスは、人生でこんなもの食べたことないってくらい超ウマい!」とコメントしながら、オススメの料理の名前などを読み上げている。しかし発音が難しい料理も多く、発音を諦めたり、店主の顔も合成したり、Ja Ruleがやりたい放題やっているCMとなっている。

 

こちらのCMはリアリティ番組「Celebrity Show-Off」の企画として制作されたものであり、家族経営のレストランを支援するためにチャリティーとして出演したようだ。Ja Ruleは「みんな大変な時期だよな、特に家族経営の店にとっては」と、新型コロナウィルスにおける個人経営の苦難についてコメントしている。さらにこちらのCMで、「No Kid Hungry」というチャリティの支援金も集めたようだ。

 

「I Love Greece」と書かれたTシャツを着ながら、「発音の仕方もわからないけどめちゃくちゃ美味しいぞ!」とレストランのPRをするJa Ruleは要チェックである。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST