NEWS

コニャックのRémy Martinがビートを募集。25歳以上のプロデューサー向けの企画「ハウス・ビート・チャレンジ」を発表。

 

 

自粛期間が長引き、ライブやイベントなどが立て続けに中止になっている。そのような状況の中で、ラッパーやプロデューサーたちのクリエイティブプロセスも変化してきているだろう。そんなアーティストたち向けに、この度、コニャックで有名なRémy Martin(レミーマルタン)が「House Beats Challenge(ハウス・ビート・チャレンジ)」という企画を発表した。

 

関連記事: 自粛期間中にサプライズリリースされた話題作7選。Childish Gambino、Bad Bunny、Run the Jewelsなど

 

レミーマルタンは「ハウス・ビート・チャレンジ」にてペン、コップ、机などの「家にあるもの」の音を使用した30秒以上のビートと動画を募集しており、アメリカ国内の25歳上のプロデューサーが参加できるルールになっているようだ。

 

締切は8月7日までとなっており、#RemyProducersや#HouseBeatsChallengeなどのハッシュタグから企画の様子をチェックすることができる。

 

5人の勝者にはMurda Beatzや、Jermaine Dupri、Zaytoven、Trakgirlなどのプロデューサーたちとのグループビデオチャットに参加する権利と、500ドルのギフトカートが与えられるようだ。

 

公式サイトはこちらのリンクからチェック。

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING

PLAY LIST