NEWS

ジェイコブ・ブレーク氏が警官に8回撃たれた事件を受け、NBA選手たちがボイコットを発表。数々のヒップホップアーティストが支持

 

 

8月23日、ウィスコンシン州ケノーシャでJacob Blake(ジェイコブ・ブレーク)という黒人男性が警官に背中を8回撃たれた事件を受け、アメリカ各地で再び抗議の声が高まっている。ジェイコブ・ブレーク氏は一命を取りとめたが、下半身が麻痺しており、重症を負っている。目撃者たちは「ジェイコブ・ブレーク氏は路上で喧嘩していた二人の女性の仲裁に入ろうとしていただけだった」と語っており、警察官の暴力に対し世界中の人々が声を上げている。

 

また、8月26日のプロテスト中に、17歳のKyle Rittenhouse容疑者がデモ参加者3人をAK-47で銃撃し、2人が死亡した。目撃者によると、警察は彼をその場で逮捕することはせず、AK-47を持った容疑者をその場から見逃したという。これらの事件を受け、問題から意識を逸らさないためMilwaukee BucksなどのバスケチームがNBAのプレイオフをボイコットした。ヒップホップのアーティストなども選手たちの判断を支持している。

 

関連記事: 【日本語字幕あり】米国の人種差別、法と政治、大量投獄の歴史に踏み込んだNetflixドキュメンタリー『13th』がYouTubeで無料公開。

 

Ice Cube

「今はスポーツをしているときではないと、ボイコットを決断したNBAプレイヤーを称賛したい。」

 

 

Diddy

「これが団結力だ!」

 

 

Plies

「NBAの選手たちに敬意を表したい。」

 

 

バラク・オバマ元米大統領

「Milwaukee Bucksの選手たちの行動を称えたい。」

 

 

Zaytoven

「NBAは大好きだが、我々の命はもっと大切だ。#SaluteThePlayers」

 

 

Snoop Dogg

View this post on Instagram

👊🏾🤬🤬🤬🇺🇸

A post shared by snoopdogg (@snoopdogg) on

 

 

Royce da 5’9″

View this post on Instagram

Black Excellence Matters

A post shared by 🏋🏿Nickle🏋🏿 (@royceda59) on

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST