NEWS

故Chadwick Bosemanが語った「ブラックパンサー」の社会的意味。

 

 

昨日、俳優のChadwick Boseman(チャドウィック・ボーズマン)氏が、妻と家族に見守られる中、LAの自宅にて亡くなったと、Associated Pressが報道した。彼はまだ43歳であった。

 

彼は4年前に大腸がんを発症したが、公の場でこれについて言及したことは今までなかった。家族は以下の様な声明を発表した。

 

 

「彼は真の闘士でした。チャドウィックは全てに耐え、今多くの人が愛して下さっている沢山の映画を、皆さんに届けました。『マーシャル 法廷を変えた男』、『Da 5 Bloods』、『Ma Rainey’s Black Bottom』などといった多くの映画は、数えきれないほどの手術と化学療法の合間に撮影されたものです。『ブラックパンサー』にてKing T’Challa役を演じられたことは、彼の俳優人生において特に光栄なことした。」

 

Boseman氏は、2013年にドラマ「42 〜世界を変えた男〜」にて黒人初の大リーグ選手、ジャッキー・ロビンソン役を熱演。2014年には、映画「Get On Up(邦題:ジェームズ・ブラウン~最高の魂を持つ男~)」にて、ファンクのゴッドファーザーである伝説のミュージシャン、ジェイムズ・ブラウン役を担当。2017年には映画「マーシャル」にて、黒人初の米連邦最高裁判事になったサーグッド・マーシャル役を演じた。2018年には、自身が主演したマーベル映画「ブラックパンサー」が世界的大ヒットを記録した。

 

 

 

黒人がメイン・キャラクターである「ブラックパンサー」は、黒人の主人公が圧倒的に少ない映画界において、黒人の子供たちにとって象徴的なキャラクターとなった。世界で歴代14番目の興行収入(13.4億ドル)を記録し、ハリウッドにおける常識を覆すことに成功した。

 

2年前、SiriusXMに「ブラックパンサー」のキャストと共に出演したとき、重度の癌と闘っている子供たちとの会話について明かしていたBoseman氏。子供たちに「この映画が公開されるまで生きたい」と言われたことを涙ながらに語っていた。

 

 

あれは、ものすごく考えさせられる出来事だった。「彼らにとってそんなに意味があるはずがない」と思ってしまうが、この作品自体に命が吹き込まれたことによって、彼らが物凄く期待してくれていることに気付いた。子供の頃、私はおもちゃやゲームが貰えるからクリスマスを待ち焦がれていたし、そのときのために生きていた。あの二人がどれだけこの映画に対して期待していたかを知れたことによって、僕は子供の頃の気持ちを思い出すことが出来た。

 

「そして、彼らが亡くなったって聞いたとき…」と話し始めて、言葉を詰まらせたBoseman氏。「本当に私にとって意味のあることだった。」と最後に語った。

 

また、Boseman氏は、LAで行われた「ブラックパンサー」のプレミア上映会にて、ハリウッド・リポーターの記者に対して、以下の様に語っていた

 

この映画を見て、自分たちの中にいるヒーローに気付いてほしい。白人が見て、黒人の登場人物と共感できるところがあれば、社会で起きている問題を少しでも変えることができるかもしれない。

 

このように黒人の主人公というレプリゼンテーションが少ない映画界において、彼は大きな役割を担ったのだ。その文化的な意味については、エミネムも以前、Royce da 5’9”のアルバム「The Allegory」に収録されている「Perspective – Skit」にて、以下の様に語っていた。

 

あらゆる人種が協力して、何もないところから形を作ってきた。今では白人の子供が黒人のアイコンを尊敬して育って、黒人の子供が白人のアイコンを尊敬して育っている。それらが一つになった社会になった。あらゆる人種の、あらゆる立場の人々がこんなにも一つにすることができるのは、ヒップホップくらいだ。他の音楽は成し遂げなかった。

 

…)もし俺が黒人の子供として生まれ育ったとしよう。60、70、80年代、いつでもいい。テレビを観ていて、誰も俺のような見た目をしていない。ステレオタイプで、おもちゃや、アクションフィギュアすらも全員白人だ。1人や2人ぐらいは黒人のスーパーヒーローがいるかもしれないが、ほぼ白人だけの中に混じっている。そんな社会に不満を抱かずに大人になれるかわからない。

 

俺たちは自分の親を選ぶことは出来ない。どの人種で生まれてくるか選ぶことは出来ない。「お前はここに生まれた、お前はこの人種だ、お前はこの国籍だ」と決まっているなら、後は自分がそれを使って「世の中をより良くするために何ができるか?」と考える時間だ。

 

Boseman氏は、人生を賭して、あらゆる人種や境遇の子供たちにとってのアイコンを多く演じた。俳優という仕事を全うすることで、彼が残した功績は大きい。

 

今後とも彼というアイコンとその功績は、語り継がれるであろう。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST