NEWS

50 CentがG-Unitについて「存在を忘れたい」と語る

 

 

人気ドラマ「Power」の制作と総指揮を務め、自身のハッスル精神について語った本「Hustle Harder, Hustle Smarter」を販売開始するなど、ラップ以外の分野でも活躍している50 Cent。そんな彼が、DJ Whoo KidとのインタビューにてG-Unitについて語る場面があった。

 

関連記事: セカンドキャリアでリブランディングに成功したラッパー5人。俳優から投資家まで。

 

G-Unitのリユニオンの可能性については、いままで様々な人物が語ってきたが、DJ Whoo Kidは50 Centに「N.W.A.や2Pacの伝記映画があるけど、G-Unitの映画が制作されることはあるの?それかグループ内の問題を修復するのが先?」と質問をした。

 

DJ Whoo Kidの質問に対し、なんと50 Centは「しないかな。やろうとも思ってない。G-Unitの存在について忘れたいと思ってる」と苦笑しており、DJ Whoo Kidも驚きが隠せない様子で反応している。

 

DJ Whoo Kidは「君たちがやってきたことをファンが忘れることはできないよ」という旨を語ったが、50 Centの発言に驚いているファンも多いようだ。

 

また50 Centは、G-Unitのメンバーに多くの機会を与えたが、彼らがそれらを上手く使えなかったと心境を明かしており、「いつまでも大勢をステージに上げて演奏するわけにはいかないんだよ。ケンドリックとかが今になって他の奴らを大勢ステージに上げてライブしてるか?してないだろ?」と語っている。各々に独立したアーティストとして活動して欲しかったのだろう。

 

衝撃的な発言をした50 Centであるが、彼はT.I.のTV番組「Twenty Four Seven」をプロデュースすると発表しており、そちらも要チェックの内容となっている。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST