NEWS

エミネムはプロデューサー/ビートメーカーとして過小評価されてる?Boi-1daがエミネムのプロデュース力を賞賛。

 

 

史上最高のラッパーの一人として全世界で知られているEminem(エミネム)。2000年代に最も売れたアーティストであり、多くの人のトップラッパーとして君臨しているエミネムであるが、実はラップだけではなく、過去に多くの作品のプロデューサーとしてビートを作っている。そんな彼のプロダクションのスキルを、凄腕プロデューサーBoi-1daが賞賛している。

 

【関連記事】エミネムのコアなファンなら知っている?エミネムのアンダーグラウンドな楽曲たち10選

 

 

ツイッターにて、「エミネムはプロデューサーとして適切な評価がされていない」と語ったBoi-1da。さらに自身が好きなトラックを紹介している。

 

 

 

元G-Unitのロイド・バンクスの「Warrior Pt.2」と「Till the End」のビートがいかに素晴らしいかということをBoi-1daはツイートしており、多くのファンが自身のお気に入りエミネムビートを紹介している。リプライにてファンが投稿したおすすめエミネムビートをいくつか紹介したい。

 

 

50 Cent – Patiently Waiting (feat. Eminem)

 

 

50 Centのデビューアルバム「Get Rich Or Die Tryin’」の人気曲。こちらではエミネムもヴァースを提供しており、彼のラップの導入は多くの人の心を掴んで話さないキャッチーなフローとなっている。

 

 

Eminem – Till I Collapse

 

 

エミネムの3rdアルバム「The Eminem Show」に収録されている人気曲。彼の諦めない気持ちを表現した、力強いトラックとなっている。「骨が崩れるまで、前進し続ける」という内容で、多くのファンを勇気づけた曲。

 

 

Trick Trick – Welcome 2 Detroit

 

 

 

Lloyd Banks – Hands Up

 

 

 

Jay Z – Renegade feat. Eminem

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING

PLAY LIST