NEWS

Trippie Redd(トリッピー・レッド)の新作「Pegasus」が全米トップ3入り。5作連続全米トップ5入りを果たす。

 

 

Z世代のHIP HOP界を担う新進気鋭のラッパーことTrippie Redd (トリッピー・レッド)。「Dirty Redd」名義でラッパーとして活動していた兄を事故で亡くし、兄の夢を自身で実現させることを決意したトリッピーであるが、2017年に10K Projectsと契約し、XXXTentacionの「Fuck Love」での共演にて知名度を上げた。さらに昨年11月に発表した『A Love Letter To You 4』にて自身初の全米No.1を獲得している。

 

【関連記事】Trippie Redd(トリッピー・レッド)が新アルバム「Pegasus」をリリース。ヤング・サグ、フューチャー、クエイヴォ、リル・モージー、バスタ・ライムス、リル・ウェインなどが参加。

 

今年、PARTYNEXTDOORや、バスタ・ライムスとコラボしたシングルをリリースした後、10月30日に新作『ペガサス』を発表した。本作は、昨年8月にリリースした『!』(全米最高3位)から1年2か月振りの作品で、3枚目のスタジオ・アルバムとなった。そして、11月14日付けの全米チャートにおいて初登場2位を記録した。Trippie Reddにとって全米Top5入りは、デビュー作『Life’s a Trip』(2018年 / 最高4位)と、2作のミックステープ『A Love Letter to You 3』(2018年 / 最高3位)、『A Love Letter to You 4』(2019年 / 最高1位)を含む5作目となる。

 

また、今年全米のSpotifyチャートにランキングした楽曲数が、11月7日付けにて33曲を記録しており、ドレイクと現状タイ記録となっている。そんなTrippie Reddへの注目が高まる中、Trippieは、「数年間に渡って、みんなのサポートに感謝しています。最新作『Pegasus』の世界中の状況なんか特に半端ない。次に何が待ち構えているか、みんなと分かち合うのが待ちきれないよ」とファンへの感謝の意を示している。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

PLAY LIST