NEWS

インターネット・マネーのメンバーたちが大ヒット曲「Lemonade」の制作プロセスを明かす

 

 

8月末にリリースした1stアルバム「B4 the Storm」がヒット中のプロデューサー/アーティスト集団「Intertnet Money(インターネット・マネー)」。特にシングル曲の「Lemonade」は世界中で大ヒットを記録しており、YouTubeにて公開されているミュージックビデオの再生回数は7800万回を超えている。今回は、そんな「Lemonade」について、インターネット・マネーのメンバーたちがGeniusに語った紹介したい。

 

関連記事: 【インタビュー】Juice WRLDやiann diorなどを発掘したプロデューサー集団「Internet Money」。創業者Taz Taylorが新アルバム、プロデュース、音楽業界について語る。

 

はじめに、Taz TaylorとNick Miraは「B4 the Storm」について「今回はいつものプロデューサーとしてではなく、自分たちの名前で曲を出したから、いままでとはまた違うんだ。毎日新たに誰かが俺たちの話をしてるみたいな、今回は俺たちの曲だから。」と語っており、アルバムのヒットを喜んでいる。楽曲の制作プロセスについては、アーティストに送る用のビートをはじめに作り、その上にボーカルをレコーディングしたものを参考に、再びビートを0から作り直すという形で進められたようだ。

 

またAlec Wigdahlは「Lemonade」のギターをレコーディングした日の朝を以下のように振り返っている。楽曲のインスピレーションとしては、ジミ・ヘンドリックスと、Red Hot Chili Peppersのジョン・フルシアンテから影響を受けたようだ。

 

いつも通りの朝で、確かTazとテラスで座りながら話してた。「Bro、Don Toliver(ドン・トリヴァー)との楽曲があるんだ」みたいなことを言われたんだけど、俺はまだアーティストの楽曲のプロデュースを何度もやってきた訳ではなかったから、少しだけ冗談で「すごいじゃん、ビートにギターを乗せたかったら教えてよ。俺はいつでも準備できてるよ」みたいなことを言ったんだ。何も考えてなくて、ただの楽しい時間だった。それから3分後にTazに「よしラップトップを用意するんだ!」と言われて、すぐに制作に取り掛かったんだ。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING

PLAY LIST