NEWS

21サヴェージのヒット曲「a lot」についてプロデューサーのDJ Dahiが語る。「彼はリスクを負ってでもこの曲を作らせてくれた」

 

 

2020年のグラミー賞でベストラップソング賞を受賞した21 Savage(21サヴェージ)のヒット曲「a lot」。21 Savageは同曲内でアメリカの国境で囚われている子どもたちや、ミシガン州フリントの水汚染などについてなどもラップしており、同曲はBillboard Hot 100では12位にチャートインしていた。そんな楽曲のプロデューサーを務めたDJ Dahiが制作プロセスや、楽曲への想いなどを解説した動画をGeniusが公開しているため、今回はそちらを紹介したい。

 

関連記事: 21 Savageが楽曲で語る不当な逮捕と警察からのハラスメント。「a lot」やChildish Gambinoの「12.38.」のラインを紹介

 

「a lot」はEast Of Undergroundの「I Love You」をサンプリングしているが、そのことについてDJ Dahiは以下のように語っている。

 

「受け入れ、そして感謝するという観点で音楽を聞くというのは、俺の音楽的な経験や体験から養われたものだと思う。昔から音楽を作ってきた先人たちのように。
最近はソウルのサンプルをあまり聞かなくなった。それにも関わらず21がリスクを負ってでもこの曲を作らせてくれたということだから、それは素晴らしいことだよ。」

 

フルの動画は以下のリンクからチェック。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING

PLAY LIST