NEWS

キッド・カディの「Beautiful Trip」がビルボードトップ100史上で最も短い曲としてチャートインする。年々短くなる楽曲とヒット。

 

 

先日「Man On The Moon」シリーズの待望の3作目「Man on the Moon III: The Chosen」をリリースしたKid Cudi(キッド・カディ)。こちらのアルバムはファンや各メディアからの評価も高く、HIP HOP DNA編集部が選ぶ2020年のベスト・アルバムにもランクインしていた。そんなヒット中のアルバムであるが、意外な形で記録を打ち立てている。

 

【関連記事】Kid Cudi(キッド・カディ)がカニエ・ウェストに救われたと明かす。「彼がそこにいてくれた」

 

こちらのアルバムのオープニングトラック「Beautiful Trip」がビルボードトップ100にランクインしたことにより、「最も短い曲でチャートイン」したアーティストとなったのだ。楽曲は37秒であり、近年インタールードなどがチャートインすることは度々あったが、ここまで短い曲は初である。

 

実際にチャートインする楽曲の平均は年々短くなっており、2017年にはXXXTENTACIONの「Jocelyn Flores」は2分以内の楽曲としては珍しくトップ20にチャートインしている。また、Lil Nas Xの「Old Town Road」やLil Pumpの「Gucci Gang」も、2分強でチャート上位に入っていた。今回の「Beautiful Trip」に関しては、アルバムのオープナーだったため、ファンが絶対に再生する曲としてチャートインしたと見ることができる。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING

PLAY LIST