NEWS

Kid Cudi(キッド・カディ)がカニエ・ウェストに救われたと明かす。「彼がそこにいてくれた」

 

 

Kanye West(カニエ・ウェスト)が創設したレーベル「G.O.O.D. Music」からデビューアルバム「Man on the Moon: The End of Day」をリリースし、当時から何度もカニエとコラボをしてきたKid Cudi(キッド・カディ)。カニエとのヒップホップデュオ「Kids See Ghosts」ではグループ名と同名のアルバムもリリースしており、最近のインタビューでもキッド・カディはカニエについて「彼の政治的意見には賛同しないが、彼は俺の兄弟だ」語っていた。そんな彼が、Rolling Stone Italiaのインタビューに答えた。

 

関連記事: Kid Cudiが心理学の教科書の一部となる。「鬱/自殺願望を乗り越えるために」公開した手紙が引用

 

自身が抱えていた希死念慮についてオープンに語ってきたキッド・カディであるが、彼は「Kids See Ghosts」について「意図的に明るいアルバムを制作した」と以前語っており、鬱を乗り越え「光」を見出したと話していた。そんな彼はカニエと「Kids See Ghosts」を制作したことで「救われた」と語っている。

 

「俺はこれ以上音楽を作り続けられるかすらわからない状態にいた。だがカニエがそこにいてくれたんだ。俺が立ち上がれるように助けてくれた。当時、俺が本当に必要としていることだった。」

 

カニエのサポートにより、音楽制作を続けることができたと語ったキッド・カディ。彼は以下のように続けている。

 

「音楽を作る時、真実を話すことになる。それと同様に、俺が抱えている鬱について話すとき、みんなが俺の経験に共感し、繋がれるようにしたかったんだ。やっぱり、俺のアルバムのほとんどは世界に対するSOSのメッセージだったんだ。誰かがそれを拾い、返事をしてくれるように、少しでも孤独じゃないと感じられるように。そういうことを楽曲の中で明らかにした。俺はただ正直で、誠実でいたんだ。」

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING