NEWS

J. Coleがプロデュースを務めた名曲10選。ケンドリック・ラマー、ファボラス、Spillage Villageなど

 

 

ラッパーとしてだけでなく、自身のレーベル「Dreamville Records」のリーダーとしても活躍してきたJ. Cole。NBA選手になる夢があり、PUMAとパートナー契約を結ぶなど広く才能を発揮してきた彼は、プロデューサーとしてのスキルも評価されている。そんな彼がプロデュースしてきた楽曲たちをXXLがまとめているため、今回はその中からおすすめの10曲を紹介したい。

 

関連記事: J. Coleが新アルバムをリリースするまでのタイムラインを公開し話題に。引退の可能性も示唆。

 

Wale – My Boy (Freestyle) feat. J. Cole

 

Waleが2018年にリリースした楽曲。「The Album About Nothing」に収録されており、J. Coleはラッパーとしても参加している。

 

 

 

Kendrick Lamar – HiiiPower

 

こちらの楽曲はケンドリックのデビューアルバム「Section.80」に収録されており、ケンドリック屈指の人気曲となっている。

 

 

 

J. Cole – Nobody’s Perfect feat. Missy Elliott

 

J. Coleがセルフプロデュースをした楽曲。アルバム「Cole World: The Sideline Story」に収録されている。Missy Elliottが歌うコーラス部分が印象的である。

 

 

 

J. Cole – Power Trip feat. Miguel

 

こちらもJ. Coleがセルフプロデュースをした楽曲で、彼はヒップホップへの愛などについてラップしている。

 

 

 

Bas – Sanufa

 

J. Cole率いるDreamvilleに所属しているラッパー、Basの楽曲。アップテンポなダンストラックとなっている。

 

 

 

Spillage Village – Voodoo

 

Basと同じくDreamvilleに所属しているスーパーグループSpillage Villageの楽曲であるが、Childish Majorも共同プロデューサーを務めている。

 

 

 

J. Cole – World Is Empty

 

こちらの楽曲はJ. Coleが2009年にリリースしたミックステープ「The Warmup」に収録されており、J. Coleは地元ノースカロライナ出身のレジェンドであるLee Fields(リー・フィールズ)の楽曲「My World Is Empty Without You」をサンプリングしている。

 

 

 

Fabolous – Louis Vuitton feat. J. Cole

 

ファボラスの名作「The Soul Tape 2」に収録されている楽曲。二人は金目当ての女性についてラップしている。

 

 

 

Ari Lennox – Facetime

 

「Facetime」はJ. Cole以外にもCraig Brockmanがプロデューサーを務めており、同曲はAri Lennoxのデビューアルバム「Shea Butter Baby」に収録されている。

 

 

 

J. Cole – KOD

 

J. Coleの5作目のアルバム「KOD」に収録されているタイトルトラック。アルバムの中でも特に秀逸な楽曲の一つとして評価されている。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING

PLAY LIST