NEWS

カニエ・ウェストは修行として大量の90’sヒップホップの名ビートを自分で再現する訓練をしていた。

 

 

カニエ・ウェストのプロデューサーとしての功績は計り知れない。プロデューサーとしてキャリアをスタートさせた彼は、ヒップホップにおける流行りを幾度となく作っており、彼に影響されたアーティストは数え切れない。どの時代の作品を聞いても、トラックメーカーとしてのスキルは間違いなくトップレベルである彼はどのようにしてそのスキルを成熟させたのだろうか?

 

【関連記事】カニエ・ウェストの「Through the Wire」でサンプリングされたチャカ・カーンが語る。「曲を台無しにされた気がした」

 

カニエ・ウェストが創業したレーベルG.O.O.D Musicの凄腕リリシストとして知られるCyHi The Prynceは、ポッドキャストNo Jumperにてこのように語っている。

 

 

彼は全ての曲のサンプリング元ネタを調べている。彼は1991年から1999年までリリースされたヒップホップのビートを全部自分で作り直したって聞いた。Nasのアルバムを買って、そのアルバムのビートを全て自分でも作ってみるんだ。そうやってビートの作り方を学んだって言っていた。俺もそうやって全てのオプションを使えるように、準備をすることを学んだ。

 

 

 

なんとカニエ・ウェストは、自分より前にリリースされた90sヒップホップのビートを全て再現することにより、ビート制作を学んだようだ。話によると、彼は90sのクラシックとも言える作品のビートは全て再現したことがあるらしく、もしこれが本当であればいかにカニエ・ウェストがストイックかがわかる。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING

PLAY LIST