NEWS

リル・ヨッティー、「18歳の時にカニエ・ウェストと契約をするはずだった」と明かす。

 

 

Lil Yachty(リル・ヨッティー)が、新曲「No More Beatboxing Freestyle」を公開した。

 

【関連記事】「ネイルをしている」という理由で停学になった高校生、リル・ヨッティが擁護。「どのように自己表現してもいいはずだ」

 

こちらの楽曲はCoi Lerayの「No More Parties」とSpotemGottemの「Beat Box」のビートを使用したフリースタイルとなっている。同曲でリル・ヨッティーは以下のようにラップしている。

 

「カニエ・ウェストが俺と契約をしようとした時、俺はまだ18歳だった」

 

なんとデビュー当時、カニエのG.O.O.D. Musicと契約をする予定があったと楽曲内で明かしたリル・ヨッティー。彼はちょうど5年前のYeezy Season 3でモデルを務めていたため、その関係でG.O.O.D. Musicとも契約をする予定だったのかもしれない。しかしリル・ヨッティーはその後同年に、G.O.O.D. MusicではなくQuality Control Musicからデビュー・ミックステープとなる「Lil Boat」をリリースしている。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE