NEWS

「ネイルをしている」という理由で停学になった高校生、リル・ヨッティが擁護。「どのように自己表現してもいいはずだ」

 

 

先日から、「Trevor Wilkinsonという17歳の少年が、ネイルをしているという理由で高校内にて停学処分を受けた」という報道がネットで拡散されている。テキサスのClyde High Schoolに通う彼はChange.orgで署名活動を行っており、停学処分の理由が不当であると訴えている。そんなTrevor Wilkinson氏について、Lil Yachty(リル・ヨッティー)がTMZのインタビューに答えた。

 

関連記事: リル・ヨッティーがトレードマークの赤髪を辞めた理由とは?「そんなに深い理由ではないんだ」

 

TMZはリル・ヨッティーに「Trevor Wilkinson氏のニュースは見た?古風なルールのある学校についてはどう思う?」という旨の内容を話しており、彼は以下のように答えている。

 

「もう2020年だし、すぐに2021年にもなる。どうして何かを隔てる必要があるんだ?誰かを傷つけたり嫌な気持ちにさせない限りは、どのように自己表現してもいいはずだ。俺は目的がわからないよ。」

 

またリル・ヨッティーは自身もネイル好きとして知られているが、この先オリジナルのネイルペイントのブランドも展開しようとしているようだ。インタビューは以下のリンクからチェック。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE