NEWS

ドクター・ドレーが人気バトル企画「Verzuz」の出演を断った理由。「俺のレガシーは常にクオリティと共にある」

 

 

2020年から始まった、アーティストやプロデューサー同士のバトル企画「VERZUZ」。Snoop Dogg(スヌープ・ドッグ)とDMXが出演したエピソードは視聴者200万人を超え、毎回のマッチアップの発表が期待されている人気プロジェクトである。以前ドクター・ドレーがバトルに参加するという噂があったが、その後どうなったのだろうか?Verzuzの企画者であるプロデューサーのSwizz Beatzはドクター・ドレーが参加しなかった理由を語っている。

 

【関連記事】ドクター・ドレー、こだわりが強すぎて「P*ssy」一言をレックさせるためにToo $hortを4時間拘束。

 

 

R&BやニュージャックスウィングのパイオニアたちであるTeddy RileyとBabyfaceのバトル中に電話をかけたり、企画に協力的であったドクター・ドレー。しかし完璧主義者としても知られている彼は、2人のバトルにて起こった機材トラブルが原因で企画を降りたようだ。

 

 

ドクター・ドレーがサウンドに関して不満を持ったと知ったとき、心が痛くなったよ。彼はTeddy RileyとBabyfaceのバトルの最後に登場して、Verzuzに参加するとアナウンスするはずだった…でも彼から電話がきて、「あのようなサウンドクオリティのものには参加できない、俺のレガシーは常にサウンドクオリティと共にある」と言われたんだ。「ドレーを失ってしまった…」とショックだったよ。

 

サウンドクオリティや機材トラブルが原因で、ドクター・ドレーは企画を降りたと語った。いつかドクター・ドレーがまた参加する日はあるのだろうか?その日を期待したい。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE