NEWS

ビヨンセが大ヒット曲「Single Ladies」のミュージック・ビデオを白黒で撮影した理由を明かす。「白黒では売れないと言われた」

 

 

今から10年以上前にリリースし、大ヒットとなったビヨンセの楽曲「Single Ladies」。楽曲そのものだけでなく、白黒で撮影されたミュージック・ビデオも印象的であり、こちらの映像は2009年のMTVビデオ・ミュージック・アワードにて、ビデオ・オブ・ザ・イヤーをはじめとする賞を多数受賞している。ビヨンセがそんな「Single Ladies」のMVを白黒で撮影したのには理由があったようだ。

 

【関連記事】ビヨンセとソランジュの父が乳癌を克服した経験について語る。早期発見や遺伝子検査の重要性

 

この度、Harper’s Bazaarのカバーに登場したBeyoncé(ビヨンセ)。彼女は同誌のインタビューの中で以下のように語っている。

 

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Harper’s BAZAAR (@harpersbazaarus)

データについて話すミーティングがあって、その時に、私のファンは私の写真や映像が白黒であることを好まないという調査結果があると伝えられたの。カラー映像じゃないと売れないと。そんなの馬鹿げているし、私のファンが何を望んでいるかを、エージェンシーがした調査だけで決めることに私は怒った。

 

ビヨンセは当時、エージェンシーから「白黒では売れない」という調査結果を提示されたことに納得がいかなかったようだ。彼女は以下のように続けている。

 

このような型にはまった企業にうんざりしていた私は、次のプロジェクトはすべて白黒の映像をベースにしようと決めた。「Single Ladies」、「If I Were a Boy」、Peter Lindberghが手がけた「I Am… Sasha Fierce」のアートワークなど。これらは結果的に、今までで最も成功した作品となった。私は自分の意思決定において、人間的な感覚や精神、感情を維持し続けることを大切にしているから。

 

結果的に、ビヨンセの「Single Ladies」は各チャートで1位を獲得した他、4×プラチナ認定されるほどの大ヒット曲となった。「If I Were a Boy」などの楽曲は以下のリンクからチェック。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

PLAY LIST