NEWS

スヌープ・ドッグのボブルヘッド人形がアメリカ各地で盗まれる。相次ぐ盗難事件の理由とは?

 

 

ラッパーとしてだけでなく、映画やCMなどにも度々出演してきたSnoop Dogg(スヌープ・ドッグ)。彼は去年から「コロナエキストラ」のCMに出演しており、宣伝としてスヌープ・ドッグのボブルヘッド人形がアメリカ国内のスーパーなどに設置されている。こちらの非売品であるスヌープ・ドッグの人形が、アメリカ各地で盗まれる事件が発生している。

 

【関連記事】スヌープ・ドッグが出演したテレビCMを6つ紹介。ファストフード店から保険会社まで

 

(画像=CALN TOWNSHIP POLICE DEPARTMENT/FACEBOOK & CBSPhilly)

 

CBS Newsの報道によると、約90cmあるこちらの人形がアメリカ各地で同時期に盗まれている。ペンシルベニア州のチェスター郡警察は、サンダル姿の男性がACMEマーケットからスヌープの人形を持ち出している監視カメラの映像を公開しており、目撃情報などを求めている。さらに事件現場から16キロほど離れたコリンズでもスヌープの人形が盗まれており、トヨタの赤いカローラで逃走した犯人が目撃されている。

 

またニューハンプシャー州のノース・ハンプトンでも盗難被害は起きており、CBS Newsのインタビューに答えた女性は「なんでこの人形が欲しいの?」と疑問に感じていた。

 

コロナビールを片手にピースサインで微笑むスヌープのボブルヘッド人形はなぜ、アメリカ各地で盗まれるようになったのだろうか?その理由としては、非売品であるため、転売価格が高騰しているということをCBS Newsは指摘している。スヌープのボブルヘッド人形は、平均で1,000ドル(約10万円)以上で転売されているようだ。

 

スヌープのボブルヘッド人形の盗難被害に遭った店舗は、新しく人形を仕入れる予定はないと語っている。まだ盗まれていない店では、高い位置に設置することで対策をしている。

 

(Thumbnail:CALN TOWNSHIP POLICE DEPARTMENT/FACEBOOK & CBSPhilly)

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE