NEWS

ここ25年間でリリースされた「最もお気に入りのアルバム」は? サンダーキャット、ティンバランド、Bun Bなどのセレクトを紹介

 

 

アメリカのメディア、Pitchforkが今年で25周年を迎えるということで、33名のアーティストたちが選ぶ「ここ25年内の最もお気に入りのアルバム」をまとめている。今回は、その中からヒップホップに縁があるアーティストたちがセレクトしたアルバムとコメントを紹介したい。

 

【関連記事】当時流行っていた音楽スタイルやファッションを振り返る。オーバーサイズ、R&Bスターとのデュエット、チップマンクソウルやなど【2000年代ヒップホップ】

 

Bun B

Radiohead – OK Computer(1997年)

 

1997年の夏。当時の俺の人生は、非常に不思議な状況だったんだ。その頃リリースした俺のアルバム「Ridin’ Dirty」のおかげで、俺は今まで以上に有名になった。俺の妻、Queenieと交際を始めてから1年目でもあった。そのためプロフェッショナルなストレスもあれば、個人的なストレスもあり、自分をリラックスさせるものが必要だった。そしてある日の夜、MTVを観ていた俺はRadioheadの「Paranoid Android」のミュージック・ビデオを目にしたんだ。突然、俺はなんだか穏やかな気持ちになった。この曲が俺に話しかけているようだった。そして次の日にアルバムを購入したんだが、すべてに納得がいったよ。当時彼らが語っていたことは、今も私の心に共鳴している。だから今も、人生が早く進みすぎてしまう時は、「OK Computer」がスローダウンさせてくれるんだ。

 

 

 

Kamasi Washington

Kenny Garrett – Songbook(1997年)

 

「Songbook」は、俺が16歳の頃にリリースされた。初めて聞いた時、完全にぶっ飛ばされたよ。まさに俺が求めていたサウンドだったんだ。俺にとっても、俺の友人にとっても大きなインスピレーションを与えてくれた。バンドのメンバー全員が素晴らしい。Kenny Garrett、Kenny Kirkland、Nat Reeves、そしてJeff “Tain” Watts。彼らは俺にとってスーパーヒーローのような存在だ。

 

 

 

Lil B

Pastor Troy – We Ready I Declare War(1999年)

 

このアルバムは非常に特別で、セルフプロデュースされた超オールラウンドなクラシック作品だ。俺はいつもこのアルバムに戻ってくるが、その度に新たな発見がある。このアルバムは俺にとって凄くインスピレーショナルで、いつも俺のそばに置いておきたい。本当に、最初から最後まで聞くべきだよ。何故かって、これはもはや映画なんだ。アルバムのサウンドやプロダクション、そしてその上のラップなどすべてを愛している。俺がアルバムの中で一番好きな曲は「Ain’t No Sunshine」だ。

 

 

 

Thundercat

Slipknot – Slipknot(1999年

 

このアルバムを、Cameron Graves、Taylor Graves、Ronald Bruner、 Kamasi Washingtonたちと同じ時期に発見したのを覚えている。もちろん俺たちは当時ティーンエイジャーだったけど、このアルバムは我々をメタル探求の旅に送り出した。我々というか、ほとんどCameronとTaylorと俺だけど(笑)それがきっかけでジェイダ・ピンケット・スミスと彼女のバンド「Wicked Wisdom」とライブをすることにもなった。どの時代にもこのようなアルバムは存在しないし、俺は自分の娘にこのアルバムを渡したんだ。Slipknotの素晴らしさを聞くことで彼女の耳とマインドが広がり、成長していくのを見るのは素晴らしい。Rest in Peace、Joey Jordison。

 

 

 

Timbaland

OutKast – SpeakerBoxxx/The Love Below(2003年)

 

OutKastのアルバム「Speaker Boxxx/The Love Below」は、当時からずっと俺のお気に入りのアルバムの一つだった。彼らは「Hey Ya!」や「The Way You Move」などの楽曲で全く新しいサウンドをもたらし、音楽業界を変えた。当時、ただただ画期的だったよ。

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE