NEWS

ウィズ・カリファがヒップホップにおける暴力の撲滅を呼びかける

 

 

先日、フェスのバックステージで刺され、搬送先の病院で亡くなったと報じられた故Drakeo the Ruler。11月にはヤング・ドルフが銃撃を受け亡くなり、ヒップホップの平和を願う声が増えている。そんな中、Wiz Khalifa(ウィズ・カリファ)がツイッターにて声明を発表した。

 

【関連記事】マック・ミラーと同郷のWiz Khalifa(ウィズ・カリファ)が、地元ピッツバーグのライブで「See You Again」をマックに捧げる

 

「エンターテイナーとして、来年からは違うことを試してみよう。他人の私事には干渉せず、自分たちのことは自分でやる。お互いの家族、亡くなった仲間たち、そして出身地をディスリスペクトするのではなく。人の大切な人を、誰かの上に立つために利用するのはやめるんだ。それより、自分が受けたいと思う愛を、自分から人に届けよう。」

 

ヒップホップだけでなく、エンターテインメント業界に向けての思いを語ったウィズ・カリファ。彼は以下のように続けている。

 

「これが暴力の直接的な原因と言いたい訳じゃない。でも、これらを変えていくことが解決に繋がるはずだ。」

 

(画像=Wiz KhalifaのYouTube)
(Source)
https://hiphopdx.com/news/id.66643/title.wiz-khalia-calls-for-end-to-violence-and-disrespect-in-hip-hop

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

PLAY LIST