NEWS

マック・ミラーと同郷のWiz Khalifa(ウィズ・カリファ)が、地元ピッツバーグのライブで「See You Again」をマックに捧げる

 

 

2018年に亡くなったMac Miller(マック・ミラー)。彼はピッツバーグ出身のラッパーとして、デビュー・アルバム「Blue Slide Park」にてこの土地の名前を世界に轟かせた。ピッツバーグ・レジェンドといったら、マック・ミラーだけではなく、Wiz Khalifa(ウィズ・カリファ)を思い浮かべる人も多いだろう。2人はピッツバーグの音楽シーンには欠かせないレーベルRostrum Records所属のアーティストとして合同ツアーを行った過去もあり、コラボ曲も複数リリースされている。

 

【関連記事】Rapsodyがマック・ミラーとの出会いを語る。初のツアーで起こった印象的な出来事

 

そのような深い関係で結ばれていた2人であるが、この度ウィズ・カリファがお互いの地元であるピッツバーグのライブ公演にて、マック・ミラーにトリビュートを捧げた。彼はお互いが若手アーティストだった頃のツーショットをスクリーンに映し、元々はポール・ウォーカーへのトリビュートとして制作された「See You Again」を演奏した。

 

 

観客席からは「泣きそうだ」という声も聞こえており、彼がいかに地元ピッツバーグで愛されているかがわかるトリビュートとなった。

Shares

RELATED POSTS