NEWS

Pusha Tがドレイクとのビーフを「ヒップホップ界にとって良いビーフだった」と語る。

 

 

今年度前半のヒップホップで最も業界を湧かせた話題はDrake(ドレイク)とPusha T(プシャ・T)のビーフであろう。一方、Pusha Tからドレイクに対するヘイト的な視線をあまり感じなかったファンも少なくないだろう。

 

実際にPusha Tは、ドレイクに対してどのような感情を抱いているのだろうか?The Guardian紙のインタビューでは、自身のアルバムやKanye West(カニエ・ウェスト)についてなど、彼の意外な本心を覗くことができそうだ。

 

「彼は言うべきことを言って、俺は自分が言うべきことを言った。言葉だけが横行し、ビーフのあるべき姿に留まった。間違いなくヒップホップにとって良いことだった。これ以上にエネルギッシュなことが最近あったかい?」

 

お互いの間で巻き起こっていたビーフを「良いビーフ/エネルギッシュ」と語るPusha Tは、今までの確執をドレイクとは全く異なる目線で捉えているようだ。ビーフが銃撃や事件にエスカレートすることは少なくないなか、言葉だけでお互いを責め合ったという意味で「あるべき姿」と語った。

さらにドレイクの最新作「Scorpion」を聴いてみるのかと質問されたPusha Tは以下のように答えている。

 

「もちろん聞くさ!DAYTONAと比較する作品が必要だろ?」

 

またインタビュー内でPusha Tは、既に次のアルバムを制作中とも答えている。ビーフの問題はあったが、純粋なヒップホップ・ファンとしてはベテランの新作が待ちきれないだろう。

Shares

RELATED POSTS