NEWS

50 Centが製作&総指揮を務める人気ドラマ「Power」にケンドリック・ラマーがカメオ出演

 

 

ラッパーとして活躍する傍ら、俳優としても活躍するアーティストは少なくない。特にヒップホップの世界では2pac、Ice Cube、そしてSnoop Doggなど、例を挙げればキリがないだろう。

 

今回、そのような人物に続けてKendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)が俳優としてデビューを果たした。

 

ケンドリック演じる、クラック中毒のLacesという人物が通行人にギフトカードを売りつけるこちらのシーン。今回、彼が出演したのは50 Cent(50セント)が製作&総指揮を務める人気ドラマ「Power」だ。50セントは登場人物としても出演しており、彼が演じるKananという人物が通行人を射殺するところで映像は終わっている。

 

The Wrap紙によると今回の出演は、ケンドリックが「出演させてくれ」と50 Centに伝えたことから実現したようで、両者の交友関係の広さを感じる。

 

ケンドリックの「ヴァースごとに声色やキャラクターを変えるスタイル」を普段から聴いているヒップホップ・ファンとしては、彼がラッパーではなく実際に役者としてキャラクターを演じることができていることに案外驚きはないかもしれない。

 

こちらのエピソードを含む、番組の全体はStarzのアプリから視聴することが出来る。

 

 

Shares

RELATED POSTS