NEWS

故プリンスの遺作「Mary Don’t You Weep」のMVが公開。銃による暴力に対する胸を締め付けるようなメッセージに注目

 

 

1995-2010年にリリースされた23作品がストリーミングに登場し、話題になっている故Prince(プリンス)。

 

同時にリリースされた最新のベスト・アルバム「Anthology: 1995 – 2010」には、今回のためにキュレーションされた37曲が収録されているため、そちらも要チェックである。

 

そんな彼の遺作である最新アルバム「Piano & A Microphone 1983」に収録されている「Mary Don’t You Weep」のミュージック・ビデオがプリンス・エステートによって公開された。

 

銃による暴力に対する抗議を訴えている同MVは、胸を締め付けるような映像から始まる。裁判所内で倒れた少年は、なぜ大人たちに囲まれているのだろうか?

 

システムはすでに崩壊している。しかし、今回それを修復するのは若者だ。我々には、新たなアイデアと、命が必要である – プリンス

 

冒頭に登場するメッセージから、今回のMVがどのような意図で制作されたのかが伝わってくる。

 

プリンスが生前、メリーランド州ボルティモアにて行なっていた活動はご存知だろうか?2015年4月、現地の警官との揉み合いによって、その後護送中に亡くなってしまったフレディ・グレイという少年がいた。プリンスは、その少年のために「Baltimore(ボルティモア)」という楽曲/ドキュメンタリーを制作していたのである。今回のミュージック・ビデオも、その一連の活動を追うような形で制作されたのだろう。

 

プリンスの遺作、「Piano & A Microphone 1983」は本日9月21日から公開されている。

 

Shares

RELATED POSTS