NEWS

The RootsのQuestloveがミシェル・オバマのブックツアー・サウンドトラックを作成!名曲ぞろいのプレイリストをこちらからチェック!

 

最も有名なヒップホップ・バンドであり、現在ではアメリカでもっとも有名なトークショーの一つである「The Tonight Show」のバンドを務める「The Roots」。バンドのMCであるBlack Thoughtが最近新曲を公開しニュースになったが、今回は同バンドのドラムであるQuestloveが元大統領夫人のブック・ツアーのために作成したプレイリストが話題となっている。

 

プレイリストは「The Michelle Obama Musiaqualogy」と題され、3パートに分かれており、 サム・クック、エラ・フィッツジェラルド、スティービー・ワンダー 、アリサ・フランクリン、マイケル・ジャクソン、ジョージ・ベンソン、エリカ・バドゥウ、ジル・スコット、ディアンジェロなどが収録されている。

 

オバマ元大統領は、サウンドトラックについて以下のように語っている。

 

「みんなと同じように、私は多くの記憶を当時聞いていた音楽と結びつける。子供の頃聞いていたジャズやスティービー・ワンダー、大人になるときに聞いていたプリンスやアース・ウィンド・アンド・ファイヤー、ホワイトハウスで感動的な音楽を奏でてくれたビヨンセやジャネル・モネイ…どんな時も、音楽はいつも私の中で大部分を占めている。だから私はQuestloveが彼自身のスタイルを織り交ぜて、このプレイリストを作ってくれたことをとても嬉しく思っている。人生はQuestloveの音楽を聴きながら生きるともっと楽しくなるからね。」

 

プレイリストはミシェル・オバマ元大統領夫人の新著「Becoming」のブック・ツアーにて再生されるだけでなく、SpotifyやPandoraでも公開されている。Vol. 1は1964年から1979年、Vol 2.は1980年から1997年、Vol 3.は1997年から2018年をカバーしている。Vol. 1, Vol. 2は上から再生されるように作られているが、Vol. 3はシャッフルでの再生を想定して作られている。

 

プレイリストは以下から再生できる。

 

 

 

Shares

RELATED POSTS