NEWS

Chance The RapperがHeinekenのCMを人種差別的だと非難

バーテンダーがビールの瓶を滑らせると、瓶が幾人かの黒人たちの前を通過し、最後は明るい肌の白人女性の前に到着。そして「たまにはライトな(=明るい)ほうがいいのさ」のキャッチコピー。これは、先日ビールで同じみのハイネケンが発表したTV CMだ。この内容が人種差別的であると声を挙げたのが、Chance The Rapperである。Chanceはtwitterで「企業のいくつかは閲覧数を稼ぐためにわざと人種差別的な広告を出しているんだろうし、こんな内容をポストすることすらしたくないけど、言わなきゃな。あのHeinekenの広告はとんでもなく人種差別的だよ。OMG」と発言。「俺は別に(Heinekenを)ボイコットしろとか拒否しろと言ってるわけじゃない。ただ、こうしたことは頻繁に起きてるし、アイツらは消費者やtwitterのユーザーたちを餌で釣ってる。だって俺だってこんなことツイートしたくないんだけど、そんなの無理だもん」と続けている。

 

その後Heinekenは、速やかにこの広告を取り下げ、スポークスマンにより「Heineken Lightの商品を打ち出したいあまりに、論点を見失っていた。このフィードバックを心より受け止め、今後のキャンペーンに活かしたい」と謝罪文を発表している。

Shares

RELATED POSTS