NEWS

【米ビルボード・ソング・チャート】アリアナ・グランデ「7リングス」首位キープ、J.コール自己最高位をマーク

 

 

アリアナ・グランデの「7リングス」が2週目の首位をキープした、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 

先週、「サンキュー、ネクスト」(今週6位)に続く自身2度目の初登場1位を記録した、アリアナ。先週に引き続き、週間6,320万視聴を記録してストリーミング・チャート、39,000ダウンロードを獲得しデジタル・ソング・セールス・チャートでも同2週連続の首位を制している。

 

エアプレイ・チャートではTOP10にランクインしていないものの、週間4,190万回を記録し、先週の39位から19位へ、大きく順位を上げた。ポップ・ソング・エアプレイ・チャートでも、先週の21位から10位にジャンプアップし、登場3週目でTOP10入りを果たしている。同チャートでは、前曲 「サンキュー、ネクスト」が5週目でTOP10入りしたが、それを上回る自己最短記録となる。最も早くチャートインしたのは、2017年9月に登場2週目でTOP10入りした、テイラー・スウィフトの「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ」。

 

この2曲が収録されるニュー・アルバム『サンキュー、ネクスト』が2月8日にリリースされるため、アルバムのプロモーション効果により、次週、いずれもポイントが上昇する可能性が高い。アリアナは、これまで4枚のアルバムをリリースしているが、いずれも先行シングルがTO10入りしている。

 

TOP3は先週と変わらず、ホールジーの「ウィズアウト・ミー」は2位、 ポスト・マローン&スウェイ・リーの「サンフラワー」が3位をキープしている。上位3曲は、いずれも2019年に入ってNo.1を獲得したタイトル。

 

先週の26位に初登場したJ.コールの新曲「ミドル・チャイルド」は、今週4位まで急上昇し、自身5曲目のTOP10入りを果たした。大きくランクアップしたのは、サプライズ・リリースされた1月23日の集計分は前週に、翌日以降の集計分は今週のポイントとして加算されたため。週間5,440万視聴を記録し、ストリーミング・チャートで17位から2位に、24,000ダウンロードを獲得し、デジタル・ソング・セールス・チャートでも12位から5位に、それぞれTOP10入りを果たしている。

 

J.コールにとって、「ミドル・チャイルド」が記録した4位は、シングル(Hot 100) としては自己最高位となる。これまでの最高位は、昨年リリースしたアルバム『KOD』収録の「ATM」が記録した6位だった。なお、「ATM」が6位に初登場した2018年5月5日付アルバム・チャートでは、『KOD』がNo.1デビューし、アルバムの視聴回数を受けて「ケヴィン・ハート」が8位、「KOD」が10位に、それぞれソング・チャートでTOP10デビューしている。

 

先週9位にダウンしたマルーン5の「ガールズ・ライク・ユーfeat.カーディ・B」は、10位に下降。しかし、これでTOP10入り回数を32週目に更新し、リアン・ライムスの「ハウ・ドゥ・アイ・リヴ」(1997年)と、ザ・チェインスモーカーズの「クローサーfeat.ホールジー」(2016年)に並ぶ、TOP10滞在記録歴代2位に浮上した。次週も停滞することができれば、エド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」(33週)と並ぶ、歴代トップ・タイに輝く。マルーン5は、2月3日に米ジョージア州で開催された【第53回スーパーボウル】のハーフタイム・ショーに出演し、この曲を披露している。その反響を受け、おそらく次週もTOP10をキープすると思われるが、ショーの内容については批判的なコメントが多く、絶賛されたパフォーマンスだったとはいえない。

 

1月28日に開催された【第25回SAG賞】の反響や、米ラスベガスで行われたのライブ・パフォーマンスなどを受け、レディー・ガガ&ブラッドリー・クーパーの「シャロウ」が、先週の24位から16位に再び息を吹き返している。同曲収録の映画『アリー/スター誕生 』サウンドトラックも、今週のアルバム・チャートで4位まで上昇した。また、2月24日に米LAで開催される【第91回アカデミー賞】では、ノミネートのみならず、この曲を披露することが明らかになり、今後もランクアップが期待できそうだ。

 

米LAの新人ラッパー=ブルー・フェイスの2ndシングル「Thotiana」が、先週の66位から28位に駆け上がり、TOP20入り目前となっている。SNSを中心に若者からの支持を獲得し続けている同曲だが、今週大きくポイントを伸ばしたのは、YGをフィーチャーしたリミックスの反響による。ストリーミングが特に好調で、次週以降も上位ランクインが見込める。

 

Text:本家一成

◎【Hot 100】トップ10
1位「7リングス」アリアナ・グランデ
2位「ウィズアウト・ミー」ホールジー
3位「サンフラワー」ポスト・マローン&スウェイ・リー
4位「ミドル・チャイルド」J.コール
5位「シッコ・モード」トラヴィス・スコット
6位「サンキュー、ネクスト」アリアナ・グランデ
7位「ハイ・ホープス」パニック!アット・ザ・ディスコ
8位「ハピアー」マシュメロ&バスティル
9位「Wow.」ポスト・マローン
10位「ガールズ・ライク・ユー」マルーン5 feat.カーディ・B

 

Photo by Album Cover

(提供元:Billboard JAPAN )

Shares

RELATED POSTS