NEWS

21 savageが地域の若者を支援するプロジェクトの拡張を発表。

 

21 Savageが釈放されてから2週間が経つが、彼がまた世界をより良い場所にするために努力していることを示すニュースが報道された。

 

彼は昨日、「21 Savage Bank Account Campaign」の活動を拡大すると発表した。元々はNPO法人であるGet SchooledやJumaなどと共に始まったこの運動であるが、若者たちにお金の儲け方、予算の組み方、クレジットカードの使い方や投資などについて教えることを目的としている。

 

関連記事: 21 Savageが「ISSA Back To School Drive」と題した地域還元プロジェクトを行う。

 

21は自らが子供の頃になかった機会やツールを提供することで、アメリカの若者たちの財務管理能力の育成を目指している。プレスリリースにて彼は以下のように語った:

 

「ヒットソングは『Bank Account(銀行口座)』という題名だったくせに、俺は子供の頃から銀行口座について何も知らなかったんだ。財務管理について少しわかってきた頃、お金にコントロールされるのではなくお金をコントロールすることが、自信に繋がったし、力を与えてくれるってこともわかった。俺と同じようなバックグラウンドを持つ子供達に、お金について賢くなってもらいたいんだ。」

 

拡大内容としては、学校や仕事から隔離されてしまっている若者たちを新たに150人募集し、彼らのアドバイザー(Money Making Mentor, 蓄財メンター)となると語られている。参加者は財務能力向上のための援助を得ることができる上、21の地元アトランタにあるサントラスト・パークとメルセデス・ベンツ・スタジアムの場内にて働くことができる。

 

ハンク・ジョンソン議員は、21のat-risk(非行に走ったり虐待を受けたりするなどの危険にさらされている)子供たちを援助する試みを評価し、彼を支持する内容の手紙をICEに送っている。「21 Savageが地域の若者の財務能力の向上のために活動し続けていることは別に驚きではない。私も彼の試みを評価し続けるし、地域の若者に学習の機会を用意していくために今後も協力していけることを楽しみにしている。」

 

去年、エレンの部屋でヒットシングルの演奏した後、この運動を発表した21。そして、この度当時よりも活動範囲をさらに広げることを発表した。

 

彼のプロジェクトについてのビデオは以下から視聴できる。

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE