NEWS

アンダーソン・パークがドレーにアルバムを2枚制作したいと伝えた際の反応や自身の家族についてを語る

 

 

新アルバム「Ventura」を4月にリリース予定のAnderson .Paak(アンダーソン・パーク)が、HipHopDXのインタビューに答えた。

 

関連記事: アンダーソン・パークが新曲「King James」をリリース。Andre 3000やNate Doggも参加する新アルバムのトラックリストも公開

 

自身の家族や、Dr. Dre(ドクター・ドレー)に「アルバムを2枚リリースしたい」と伝えた際のドレーの反応についてなどをAnderson .Paakは語っている。

 

3人の姉妹の中で長男として生まれてきたAnderson .Paakは起業家精神を持った母を見て育ったと話しており、家族のために働き続ける母の姿を見て、その仕事に対する理念に影響されたという。

 

一方で彼は、自己主張などが苦手だったようで、それについては以下のように話している。

 

「俺はすごくシャイだったんだ。でも、自分の中にある創造性から自信を見つけることが出来たんだと思う。音楽を始めて、自分のやりたいことを見つけた。それからドラムを始めて、かわいいやつとは言い難いね(笑)面白いやつとも言えない。音楽に全てをつぎ込んで、それが俺の基盤になった。アーティストとして成長していく度に、もっと自信がついたんだ。」

 

アーティストとしてのAnderson .Paakしか知らないファンからすれば、彼がシャイな人間だったのは予想外の事実だろう。彼は、音楽を通して自信を持つようになったというバックグラウンドを持っている。

 

また、「Oxnard」だけでなく「Ventura」を制作したいとドレーに伝えた際の反応も彼は語っている。

 

80%くらい「Oxnard」の制作が進んでいた時に、実はもう1枚アルバムを作りたいってドレーに伝えたんだ。彼は頭をかいてたよ。でも俺は、「信じてくれ」と言った。30曲のアルバムにすることは出来ないってわかってたから、「2つアルバムを作らせてくれ。1つは気骨のある感じで、もう1つはスウィートになる。」と伝えた。Venturaという町で高校生活を送って、Oxnardという町と行き来していた。2つとも完全に違う環境だったんだ。

 

自身の育った環境をテーマにする上で、2つの町を行き来していた当時の片方だけを表現することは出来なかったのだろう。頭を抱えることになったドレーも、彼と共に実際に2枚のアルバムを制作することとなった。

 

関連記事: アンダーソン・パークの息子が撮影した「TINTS」の縦ビデオが公開される。

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING