NEWS

銃撃され亡くなったニプシー・ハッスルに対して、ドレイクやリアーナなどのアーティストが追悼コメントを捧げる。

 

 

3月31日、Nipsey Hussle(ニプシー・ハッスル)が自身の店の前で銃撃され、亡くなったと報じられた。最低でも6回は撃たれたと報道されており、救急隊員が到着してからの騒動などが動画でも投稿されている。彼は今年のグラミー賞にて、1stアルバムである「Victory Lap」が最優秀ラップ・アルバム賞にノミネートされたばかりだった。

 

関連記事: Nipsey Hussleが 「Double Up」 のMVを公開。このMVに込められた意味とは?

 

ヒップホップ業界を襲った悲劇に対し、多くのアーティストがコメントを寄せた。

 

ファレル

「君は、自分のコミュニティーのために声をあげてきた。だから君は何百万という人々に影響を与えてきたし、彼らは君のレガシーを支えていくだろう。」

 

J. Cole

「ニプシー、君はレジェンドだ。俺は君のキャリアパスや、フッドのためにやってきたことをリスペクトしているし、讃えている。今日ニュースを見て、心が壊れるようだった。君の愛する人たちのために祈っているよ。俺たちの一年になるはずだった。神は君のために、もっと大きなプランを考えていたはずだ」

 

キラー・マイク

「今日、ある黒人の青年が殺害された。自分の妻のための男で、自分の子供たちのための父親で、コミュニティーにとってのリーダーだった。彼を失くして、我々は弱くなってしまった。」

 

スモークパープ

「おかしいよ、ニプシーは俺たち若い奴らがより良くなれるようにモチベーションを与えてくれたんだ。君の時代が来ても、君がそれを知ることがないなんて悲しいよ。」

 

ドレイク

「そんな。このニュースを聞いて、すべてのエネルギーが低下したよ。今年の夏に新しい曲を作ろうと話しているところだった。」

 

リアーナ

「全く意味がわからない!彼が安らかに眠りますように、そして彼の愛する人たちに安らぎが与えられますように」

 

チャンス・ザ・ラッパー

「安らかに眠ってくれニプシー。悲劇だ」

 

スウィズ・ビーツ

「本当に苦しいよ、彼は良い奴の内の一人だった。愛と祈りを彼の家族に送りたい」

 

 

アーティストとしてだけではなく、多くの事業や地域還元活動に力を入れていたNipsey Hussle。ヒップホップ業界は重要人物を失った。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE