NEWS

故ニプシー・ハッスルが亡くなる数時間前にギャング暴力廃止ミーティングに参加する予定だったと報道される。

 

 

自身の店の前で銃撃され、33歳という若さで亡くなったことが報じられたNipsey Hussle(ニプシー・ハッスル)。そんな彼は亡くなる数時間前に、ギャング・バイオレンス・サミットのためにロサンゼルス警察署の人間と会う予定だった。TMZによると、サミットは予定通り行われると報道されている。

 

関連記事: 銃撃され亡くなったニプシー・ハッスルに対して、ドレイクやリアーナなどのアーティストが追悼コメントを捧げる。

 

ロサンゼルス警察署長であるSteve Sobroffも、亡くなったニプシー・ハッスルに追悼コメントを捧げている。

 

「我々は、午後4時からニプシー・ハッスルと、Roc Nationと会う予定だった。ギャング・バイオレンスを止める方法と、子供達を救済する方法について支援してもらうためだ。とても悲しいよ。」

 

TMZは、Roc NationのJay Brownがニプシーとロサンゼルス警察署のミーティングを設定したということを法執行機関の人物が明かしたと報道している。

 

Steve SobroffはTMZのインタビューにも答えており、以下のように語っている。

 

「もしミーティングが金曜日だったらよかったのにと思うよ。彼は、このミーティングが持つ可能性について楽しみにしていたはずだろう。もちろん我々もだ。」

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE