NEWS

チャイルディッシュ・ガンビーノがコーチェラのステージにて、自身の父、ニプシー・ハッスル、マック・ミラーに追悼のスピーチを捧げる

 

 

4月12日から21日まで開催中の「Coachella Valley Music and Arts Festival」に、Childish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)が出演した。

 

関連記事: チャイルディッシュ・ガンビーノとリアーナが主演を務める映画「Guava Island」がAmazon Primeから配信決定。

 

彼がライブ中に捧げた、自身の父、ニプシー・ハッスル、マック・ミラーへのスピーチを紹介したい。

 

「今年、俺の父を亡くして、俺たちはニプシーとマックも失った。それで感じたのは、全て終わったときに、俺たちに残されるのは記憶だけなんだ。データでしかない。子供、友達、家族に渡すことも出来る。ここにいるミレニアル世代の皆は、たくさんのデータを持っている。だから何が起こるかわかってる。ここには10万人くらいいるし、この中の何人かは、来週にはいないかもしれない。だからここにいる間は、何かを感じて、感じたものをシェアして、誰かに渡そう。」

 

最終的には、同じ空間を共有するすべての人々へのメッセージとしてスピーチを終えたチャイルディッシュ・ガンビーノ。彼は「次の曲は皆のために、俺たちが亡くしたものや、これから得ていくもののために捧げる。」と語り、次の曲の演奏へと繋げている。

 

また、チャイルディッシュ・ガンビーノとリアーナ主演の映画「Guava Island」がAmazon Primeから公開されているため、そちらも要チェックである。こちらの映画は、「This is America」や「Sober」など、チャイルディッシュ・ガンビーノのMVを多く手がけてきたHiro Muraiが監督を務めている。

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE