NEWS

トラビス・スコットが妊娠中絶違法化を受けて、グッズの売上をPlanned Parenthoodに寄付。

 

17日、アラバマ州にて開催されたHangout Music Festivalに出演したTravis Scott(トラビス・スコット)。彼がアラバマ州の妊娠中絶違法化を受けて、グッズ売上の一部をPlanned Parenthoodに寄付したことが今話題となっている。Planned ParenthoodはNPOとして女性の性に関する健康支援を行っており、これには人工妊娠中絶も含まれている。

 

関連記事:Travis ScottがMaroon 5, Big Boiと共にハーフタイムショーに出演。動画をチェック!

 

トラビスはセット内でアナウンスを行った。「俺は今日のグッズの売上をPlanned Parenthoodに寄付したいと思う。アラバマ州、俺は今いたたまれない気持ちで一杯だ。愛しているよ。人が持てるものの中で愛が最も強いことを、俺はみんなに知ってほしい…だから全ての男性と女性に、この曲を届けたい。」

 

そう言ってSZAとのデュエット曲「Love Galore」を歌い始めたトラビス。彼がアナウンスをする瞬間は、以下からチェックできる。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hard to hear but Travis said he’s donating all of his merch sales from Hangout Fest to Planned Parenthood.

Travis Scottさん(@travisscott_is_laflame)がシェアした投稿 –


HB314により、アラバマ州内において医師は中絶処置を行うことを禁止された。これにより、現在レイプ被害者たちは中絶処置を受けることができない。

 

同様の法律はジョージア州、ミズーリ州でも成立し、Waka Flocka Flameなどは「レイプ犯は死刑にすべきだ」「この新しい法律はまるで奴隷制度だ」と語っている。

 

Waka Flocka Flame、Offsetの反応は以下よりチェックできる。

 

Shares

RELATED POSTS