NEWS

カリフォルニア州オークランドが5月17日を「Phife Dawgの日」と制定する。

 

 

カリフォルニ州オークランドにて、5月17日がA Tribe Called Questの「Phife Dawg(ファイフ・ドーグ)の日」と制定された。HipHipDXが、セレモニーの様子を投稿している。

 

関連記事: ケンドリック・ラマー、ドレイク、Cardi Bなど、BET Awards 2018の受賞者リストをチェックしよう!

 

View this post on Instagram

Congratulations to #PhifeDawg! 🎉

A post shared by Hip Hop & More (@hiphopdx) on

今週、A Tribe Called Questのアルバム「Midnight Marauders」が、ベイエリアのバンド、プロデューサー、アーティストたちによって讃えられるでしょう。そして、2019年5月17日が「Phife Dawgの日」と制定されることを発表します。

 

当日、地元アーティストやミュージシャンによって、Phife Dawgの功績が讃えられたと報道されている。

 

Phife DawgはNY出身であるが、2016年に亡くなるまで、彼の妻の地元であるオークランドに15年間住んでいた。ソロ作品などもその当時にオークランドにて制作されたようだ。

 

Shares

RELATED POSTS

PLAY LIST

NEWS RANKING