NEWS

T.I.が警官による不当な暴力動画をシェアし「警官が仕掛ける罠」について語る

 

 

T.I.はラッパーとしての活動以外にも、社会活動に力を入れており、警察による不当な暴力について声を挙げている人物の一人としても知られている。そんな彼が、ある動画を自身のインスタグラムでシェアした。

 

関連記事: 過剰暴力を振るう警官の動画にMeek Millがコメント。「俺の出身地では、警官からの暴行は当たり前の出来事だった。」

 

動画の中で警官は車に乗っている黒人男性に銃を向けている。「車のエンジンを止めろ!」と男性に命令しており、続けて「銃を持っている!」と叫んでいる。男性は、左手にカメラ、右手は前に出ているため、銃を持っていないことがわかる。男性はすぐに両手を窓から出して、周りの人にも銃を持っていないことを示したが、警官は銃を突きつけるのを止めない。

 

車の中の男性は「エンジンを止めろ」という命令をあえて無視した状態で、手を挙げていることを強調している。
以前、警官に「免許証を見せろ」と命令され、財布を取るために手をポケットに入れた瞬間に「銃を取り出すのかと思った」という理由で撃たれた黒人男性の事例がいくつかあったため、彼は絶対に手が隠れないように必死で両手が挙がっていることを強調したのだ。

 

手を下げる動作を命令し、「銃を取り出すように見えた」という射撃理由を故意的に作る警官の前例があるため、彼はエンジン停止の命令を無視していたのだ。両手が挙がっていれば警官は射撃できないことを理解し、命令に背いた。

 

T.I.はこちらの動画について「これがアメリカの現状だ。こうやって罠をセットし、トラップのような状況を作ろうとしているんだ」とコメントしている。

Shares

RELATED POSTS