NEWS

Cardi B、新曲「Be Careful」で婚約者オフセットの浮気を歌う

4月6日に待望のデビューアルバム『Invasion of Privacy』をリリースするカーディ・Bが、アルバムからの3rdシングル「Be Careful」を週末に先行リリースした。

 

「Be Careful」はカーディらしからぬシンプルなナンバーで、ベルカリス・アルマンザー(カーディの本名)が綴った日記に表面上はローリン・ヒルの「Ex-Factor」をプラスしたような雰囲気になっている。カーディのポップカルチャーをたっぷり含んだ歌詞では「ステファン・カリーとアイーシャ・カリー夫妻のような結婚をしたいわ / けど私たちはどちらかと言うと『BELLY 血の銃弾』のトミーとケイシャって感じよね / あなたに愛情を与えたのにあなたは嘘をついたわ / 私は自分の心の内をゴミ男に打ち明けたの」と浮気男について歌っている。

 

そして「えぇ、これは脅しではなく警告 / もっと私を大事にして」と伝えながら「鏡を見ると何かが違うの / 矛盾だらけのあなたのせいで私は傷ついてるのよ」と相手の浮気を責めており、多くのファンたちはこの曲が婚約者のオフセットの浮気について歌った曲だと断定。

 

カーディはCosmopolitan誌4月号のインタビューの際、「みんなが私のところに来て “浮気されたのに何故別れないの?あなたは自尊心が低いのね” って言ってきたの。だけどそんなことないわ。私は自分が美人だって自覚してるし、リッチで才能があることも知ってる。バスケットボール選手やフットボール選手…欲しい男は誰だって手に入れられることも分かってるわ。でもね、私は愛する男性ときちんと向き合って問題を解決したいと思ってるの。その理由についていちいち説明する義務なんてないわ」と話していた。

 

(提供元 MTV NEWS

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING